デザラボは、ママの救世主となるか?!

こんにちは!
デザイナーの原田かおりです。

台風の影響で、今日は息子の幼稚園が休園になってしまいまして、
息子とともにお送りします〜。

私は今年5月からデザイナーとして起業をはじめたのですが、常に抱えていたのが「子どもを抱えながら、クオリティの高いものを常に生み出せるのか?」という不安でした。
デザインをする時って、常に「産みの苦しみ」が伴うのですが、子育てをしながらだと、デザインに向けられるエネルギーがそもそも少ないのではないか?と思っていたんです。

そんな時に出会ったのが、いちかわ照葉の「みんなのエネルギーを循環させるサイトを立ち上げよう!」というアイディアでした。
詳しくはデザラボ誕生秘話を読んでみてくださいね。

今まで孤独な深海生物のように活動してきたママデザイナーが、デザラボを立ち上げることで、どんなことが起きているのか?
まだ準備段階ですが、すでに効果が現れているので書いてみますね。

●デザイナー同士だけれど、強みはそれぞれ!自分の苦手は相手の得意分野だった!

照葉は、デザイナーだけれど、ものごとを言語化や仕組み化をするのがとっても得意なんです!

対する私は典型的なデザイナーで、言語化、仕組み化よりは絵のイメージで話すほうが得意。言語化もできるんですが、とっても時間がかかるんです。(ちなみに照葉はイメージ化ももちろん得意ですよ!)
ママデザイナーにとって、時間がかかること一番のネックなんですよね…。

そこをさくっと切り替えて、私の得意なイラストを任せてくれたのが照葉でした。たしかに私、イラストならすらすら描けるんですよね。お互い得意なことで分担できるってなんて素敵!ということが起きています。

●救世主!!WEBのプロ、紺野恵実さんとの出会い

デザイナーが二人いても、残念なことにWEBサイトはできませんでした。

そこに、恵実さんが登場!まさに救世主でした!!!


私たちデザイナーの「あんなこと、こんなこと、できる?」にすぐに応えてくれる!

そして、イメージ重視の私たちに合ったページの作り方を提案してくれました。まさに今、このブログが書けているのも恵実さんのおかげなんですね。

エンジニアさんって理数系で、理論派…というイメージだったのですが、

恵実さんはイメージを再現する能力もとっても豊かなんですよね〜。

そんなこんなで、デザラボは月末のショップオープンに向けて動いております!

ブログも頻繁に更新されますので、ぜひ遊びにきてくださいね〜!

News