SNSでの自分の「見え方」コントロールできてますか?ビジュコン(お仕事ビジュアル診断会)のお知らせです。

こんにちは!
デザイナーの照葉です。

先日のビジュアルブランディングセミナー後、
デザイナーを味方につけたいけど、一体何をどうしたらいいかわからなすぎて
デザイナーに問い合わせるのも気がひける(T ^ T)
と言う声を数多く耳にしました。

それを受け、見た目を整えるプロのデザイナーであり、
自身もWeb集客のみで生計を立てている私が、
あなたのWeb場での「見え方」を診断する
ビジュコン(お仕事ビジュアル診断会)を開催します!

「見た目」はこんなに相手に影響を与えています。

たかが見た目と侮るなかれ。
画面越しでのコミュニケーションである以上、
お客様はあなたのことをWebで発信される少ない情報全てを使って判断しています。
その中でも「ビジュアル」が相手に与える影響は一番大きいんですよ!

以下の図は、矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、
人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかを判断する実験についてのグラフです。

この図でもわかるように、発信内容と見た目が矛盾してしまう時、
見ている人は視覚を最も優先するんですよね。

なので、例えば……

叶恭子お姉様にしまむら。笑

チグハグな印象が混乱を招きますよね。
例えばこれでハイブランドについて語られても、説得力は半減(^^;;

人は見た目じゃないなんて言いますが、ビジネスにおいての見た目=信頼です。
大切なのは発信内容も含む、全体を通しての統一感と見た目の一致。

もしかしたらこうしている今現在も、自分では気づかぬうちに、
マイナスギャップを発信し続けているかもしれません。
まずは今現在どんな風に見えているのか、客観的視点で診断してみませんか?(^^)

 

ビジュコンではこんな診断をしていきます

ビジュコンにお申し込みいただくと、
まずは事前のアンケートにご回答いただきます。
そのアンケートを元に、

見た目と中身のギャップになっている部分を分析
過去の投稿(発信内容)から追って、進んでいる方向性がズレてないか検証
現状のターゲットと、ご本人が呼びたいターゲットの一致方法を検討
発信内容、方法へのアドバイス
ご本人の強み発掘・強化ポイントの洗い出し
お勧めの撮影場所やカラーのご提案
今の活動状況に必要なデザインアイテムのご提案
その他ここが勿体無い!などツッコミどころ探し  などなど…

ん?これのどこがビジュコン?
これはビジネスコンサルでは?と思われるかもしれませんが、
正直、クライアント様ご自身や、進みたい方向あってのビジュコンなので、
トータルで分析しないと「見た目だけ」を整えることはできないんです。

そのため、分析もアドバイス内容も、見た目だけには全く止まりません。
普通のビジネスコンサルさんと違うところといえば、
あなた自身の行動についてアドバイスするだけではなくて、
あなたを助ける力強いツールも一緒にご提案できるところです。

ビジネスにおいて、デザイナーを味方につけておくと非常に便利ですよ!
是非ご活用くださいね(^^)

 

こんなお悩みを抱えている人にこそきて欲しい!

  • Web上で自分がどう見られているか気になる
  • ブログに何を書いたらいいかわからない
  • 自分の強みがわからない
  • 今後自分をどう見せて行ったらいいのか見当がつかない
  • 今あるサイトや名刺の方向性にまとまりがない
  • 顔出しNGの不利さを払拭したい
  • デザイナーに頼むタイミングなのかどうかを相談したい
  • 作りたいものはあるが、どう依頼して良いかわからない
  • 物販で必要なビジュアルが知りたい
  • デザイン費がどれくらいかかるのか聞いてみたい
  • 講座資料など、何を作ってもらえるのか知りたい
  • 自分に合うメディアを知りたい  などなど…

出て来る出て来る…ですね。笑

SNSなどで集客している起業家さんはもちろん、
お店を展開している方や個人で物販を行なっている方など、
気になる方はとりあえず来てください。

今までその視点なかった!というお話ができるかと思います(^^)

 

診断だけじゃない!あなたのお仕事分析カルテを作成します。

診断結果をより深く腑に落としていただくために、
全10ページ以上に及ぶ診断カルテを作成します。

ただ文字だけや言葉だけで説明されるのと、
きちんとビジュアルを駆使して形を明示されるのでは、理解度が全く違います。
まさにビジュアルの力・デザインの力を目の当たりにできると好評ですよ(^^)

カルテの項目は以下の通りですが、お仕事内容に合わせてカスタマイズします。
通り一辺倒な診断はしませんのでご安心ください!

  • 基本データ
  • 商品イメージの自己評価と客観的評価のギャップ公開
  • あなたの自身のイメージと、テーマカラー
  • Web上でのお仕事ポジションとおすすめのSNSについて
  • 現在のビジュアル状況診断
  • プロデザイナーによる採点!
  • あなたに必要なことベスト3
  • まとめ&あなたへのオススメ(カラー・photo・デザインなど)

 

クライアント様の声

***美容コンサルタント MIYU様***
セミナーで学んだビジュアルブランディングですが
「じゃあ私の場合はどうしたらいいの?」を詳しく知りたかったので参加しました。

そしてそれについては、バッチリ解決しました!
自分が意図的にやっていたことが逆効果だったなんて…
過去の投稿までさかのぼって診断してくださり、
私以上に私の魅せ方を探ってくださって感謝しかないです(T_T)

聞こうと思ってメモしていたことも、質問する前にすべて説明に組み込んでくださってて、
かゆいところに手が届く先回り感に驚きました。

SNSやってる人全員におすすめしたいです!
お仕事関係なくても自分のビジュアル(SNS上もリアルも)を整えたい人にいいと思います。
自分の魅せ方を学べるので婚活とかにもいいかもです!笑

▶︎プロデザイナーによるお仕事ビジュアル診断会

 

***キャリアコンサルタント 吉高あや音様***
軽快なダメが面白かったです!
ズバリ言ってくださるのですが、キツイ感じではなく、
愛のあるぶった切りなので、嬉しくなっちゃいます笑
ドMなのかな、私?って思うほどです笑

プロによる客観的判断のもと、貼る画像とか、使う色味とか、
自分がどこへ向かっていったらいいのかが(私の内面と解離しすぎないところで。)
めちゃくちゃ解決しました!
イメージ画像まで教えていただけて、より理解が進みました♪

期待以上だったことは、資料がすごく分かりやすかったことです!
あと、私に足りていないこと(発信内容含めて)を教えていただけたこと!
私自身、どっちつかずで悩んでいたので、そこを教えていただけたのはありがたかったです。

意外だったことは、もはやビジュアル診断の枠をこえていたことです笑
ほんともはやコンサルでした!

あと、個人的に個人セッションからのビジュアル診断の流れが凄くよかったです。
内面も知ってもらえた上で、ビジュアル設定しいただけるのが♪

▶︎《 れぽ 》お仕事ビジュアル診断 byいちてりさん♪

 

***フォトグラファー 中沢恵理様***
企業で実際にモノを売ってきた、マーケターとしての豊富な経験や
的確な視点が活きたアドバイスということが、なんだかとても伝わってきて、説得力があった。
資料が物事を見える化してくれていて、さらに説得力を増してくれたし、
てりはさんが説明してくれてるイメージを掴みやすかった。

あなたに似合うカラーとか、ふわっとしたことではなくて、
ビジネスで戦略的に使っていける、私の強みや特徴、その活かし方をしりかった。
期待通り、深い部分の診断も聞けてよかった。

前向きにやっていきたいオンライン起業家全員におすすめ。
人間ドックみたいなもので、定期的にチェックするといいと思う。
頻度は、安定するまではしっかり、落ち着いたら年1とかで。
マーケティングとコンサルの視点で提案もしてくれることもあるので、
客観的な視点で、自分では盲点になっていたウリから新たな販路作りも期待できる。

***紅茶販売 N様***
商品をより沢山の人のために届けるには、
「何からテコ入れをすればよいのか?」を知りたいと思い、申込みました。
結果、これはこうした方がよいというアドバイスだけでなく、
優先順位まで教えていただき、ありがたかったです^^

意外だったこと→
キレキレバージョンの照葉さんだと思って、当日までビビッていましたが、
別に怖くなかったです(笑)

期待以上だったこと→
資料がスゴイです。圧巻です。
コンサルで言葉だけでなく、資料でビジュアル表現をしてもらえたので、
より内容が伝わりました。

ビジネス初期~ベテランさん、誰でもオススメできますが、
ある程度ビジネスが成り立っている方こそ、受けたほうが良いのでは?と思いました。
(※ブログをしている方でしたら、記事数は30記事くらいはあった方が良いと思います。)

 

開催概要

現在ビジュコンはマンツーマン開催のみとなっております。
受けたいタイミングで、いつでもご連絡ください。

場所 : zoom開催

参加費 :
ビジュコン(マンツーマン:60min)…¥13,000
オプション:事前ヒアリング(30min)…¥5,000

より自分にフィットした診断ご希望の方や、
照葉と面識のない方は、事前ヒアリング付きが断然オススメです!

 

それでは、お会いできるのを楽しみにしております〜(^^)

2018年6月10日News, イベント