「月の暦」制作裏話

こんにちは!デザイナーのかおりです。
桜満開で、空気までピンク色。
気持ちのいい季節になりましたね。

さて、今日は私がデザインしたカレンダーをご紹介させていただきます。

月のリズムで生活するためのカレンダー「月の暦」です。

このカレンダーのメインは、月の満ち欠けです。
新月が暦の最初の日になり、
満月を経て、29日ほどで次の暦にうつります。

…そう、女性の月経周期と重なるのです^ ^
月の暦を意識して生活することにより、
女性として生きやすくなったと感じる方もいらっしゃるようなのです。

西洋暦もわかりやすくデザインしましたので、
普通のカレンダーとしての機能も兼ね備えています。

このカレンダーのお話しをくださったのは、
デザラボメンバーの一人で、占星術を専門とし、WEBメディアの編集長でもある水澤純さん。

「月をメインにしたカレンダーを作って
女性がもっと生きやすい世の中にしたい!」
という純さんの想いと

「デザイナーとして、
お仕事でカレンダーを作りたい!」
と思っていた私の密かな希望が見事に合致して制作が始まりました。

各星座のポージングやキーワードをご指定いただいたほかは、
デザインはほぼ私に一任してくださって。色も、形も、印刷形式も、
私の好みで作らせていただいています!

印刷は、「シルクスクリーン」という技法を採用しました。

昔、版画という技法を図工で体験した方はいらっしゃいますか?
色ごとに版を作り、一枚の絵を作っていく技法なんです。

このカレンダーでは1月ごとに3種類の版を作って、インクの色ごとに印刷をしています。

例えば、この乙女座。

「若葉色」「蛍光オレンジ」「黒」というインクを使っています。

PCのモニターで、このインクの発色は再現できません。

実物はもっともっと美しい色ですので、ぜひぜひ手にとってみていただけたらいいなと思っています。

今ご注文いただきますと、次の牡羊座の新月までにお届けが可能になります。

「月の暦」はこちらからご購入いただけます〜!!

プロジェクト裏話